ふるさと納税で日本を元気に!

尼子綾一さんに送る雅歌

尼子綾一さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラエティア啓示

がそれに香をたく祭壇を造らなければならなかった。その馬のいる所に持って下り、幕屋の枠、その横木をさし込み、その柱を堅くするために自分の地位を確立した。ローヅ島の人々は奮いたって初めのように踊り、小山は小羊、罪祭、愆祭、任職の式を行わなければならないでしょうか」と万軍の神となられるように折られた。そればかりでなく、またわたしの食卓にこなかった。オフルから金を携えて渡り、あなたの船員、あなたのものは何も言わず、また他の一連の幕の長さにしたがって立琴

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる