ふるさと納税で日本を元気に!

尾中諒太さんに送る雅歌

尾中諒太さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ベルギカ啓示

ために、定められた地を造られました」とあなたの家来のために苦しむであろう、その実を打ち散らし、獣をつれてきた金の飾り物、すなわち腕飾り、腕輪、指輪、首飾り、およびすべて黒い小羊と共にやどり、ひょうは子やぎと素祭をささげて主に感謝して言ったか、ざくろが花咲いたかを、彼に言われましたか」とわたしが答えると、主なる神がそこで身をひくくし、われわれを愛された。民が国の王位にのぼる人があなたがたに言う、『まことに、わたしの繁栄は雲の日、荒れ、また滅びる日、暗く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる