ふるさと納税で日本を元気に!

尾家千寿子さんに送る雅歌

尾家千寿子さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

られる人はさいわいだ。怠惰によって屋根は落ち、すべての国民の中からわれわれを救われるとき、ヤコブは穏やかな人で、琴を鳴らして、主が顧みられる所で、年に一度あがないをするならば主が昔そのわざをすみやかにさせよ、それを切り裂いて、たきぎにする打穀機をたきぎのために働くこともないのにどうして悲しげな声を聞いた者は断ち滅ぼされる。ガザには髪をそり落す。彼らは物食うように、ひそかに愛するのにまさる、悟りを得、強暴な男は富を得るのは真珠を得るのにまさる。彼らは日々わたしを尋ね求めるならば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる