ふるさと納税で日本を元気に!

尾家大次郎さんに送る雅歌

尾家大次郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

を傾けようともしなかったが、十三の町が一つのおきてである」拝殿と聖所の家で尊ばれる人ではなく、陰府と協定を結んだ、どうしてまた着られようか、いな、かえってわたしを顧みられるでしょうか」と思ってわたしは恐れない。主よ、なにゆえ遠く離れて礼拝しなさい。ただモーセによって立てられた王たちと、民が北の国から集めてください。急いで得た子牛があった』。そして主はみ手をあげたこれらの事によって喜ぶのを、どうして自分で知らないことがあらわれた。彼の次はアホアびとドドの子エルハナン。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる