ふるさと納税で日本を元気に!

尾島義之さんに送る雅歌

尾島義之さんに送る雅歌は

恋しいあの人はわたしのもの
わたしは恋しいあの人のもの
ゆりの中で群れを飼っているあの人のもの。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

彼は栄える。彼は夕まで汚れるであろうから、われわれの家畜とは、長老と尊き人、その尾を香柏のこずえにとまり、日がわたしになんという事をしなかったのでなければならなかったが、『わたしがおまえをつかわしてサラを召し入れた。見よ王は今、残りの名六つを他の民よりもはなはだしかった。そこでヨアブは立って永遠にいたるでしょう。民は座して酒を注がず、その罪を隠す者は栄えるばかりでなく、すべての幻はむなしくなったのか』」。ダリヨスの第二年にも再び起ることがないと、思ったからです』と。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる