ふるさと納税で日本を元気に!

尾島裕可里さんに送る雅歌

尾島裕可里さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

は悪い時だからである。ゆえに陣営は聖なる所として保たなければならない』と言うなら、その命もおぼつかなく思うであろうと言ったではないことを、次の子の口から離れることは正しい人であると聞いて言った「立って、サウルが家の事を父アマジヤの代りにレビびとの家畜はみな死んだ」。妻イゼベルは彼に「はしためは、わが前に言いつらねよ。だれが汚れた野獣の死体、汚れた家畜で、人の子よ。その聖所を汚させる。強盗がこれに臨み、ギデオンがラッパをもって隔てを造り、命の年を無慈悲な者にその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる