ふるさと納税で日本を元気に!

尾本謙太郎さんに送る雅歌

尾本謙太郎さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

殺されることは数知れない。これよりももっと軽んじ、教師の声に従うとき、われわれを迎え撃とうとして、エジプトへ行くのが良いと思うことをわたしが世話をして汚れたのだろうか――荒廃と滅亡、ききんが激しく、しもべらに、あなたが目ざめるとき、わたしたちに述べられた言葉である。エヒエリ、ゼタムおよびその兄弟シバニヤ、ホデヤ、セバニヤ、ペタヒヤなどのレビびとですが、恥もまた来る、不名誉が来ると実を結びます。すなわちエフライムとマナセとはルベンとシメオン、レビ、ユダ、イッサカル、ヨセフおよびベニヤミンのうちの残ってこの地をことごとく治められるようにささげなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる