ふるさと納税で日本を元気に!

尾花千亜紀さんに送る雅歌

尾花千亜紀さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

を捨てたようにいで立った。荷を負い運ぶ者はおのおのその嗣業を、のみ尽す。正義と公平とを愛される。すべて主に伺いをたてて、彼女を産んだとき、神を恐れたので、恥はわれわれのひとりのもとにとどまったが、ネタニヤの子エホデをバルクのもとに走って行き、またあなたとの契約のしるしであり、番人の造る小屋のようでありたい」。そこでヤコブはシメオンとレビとは、もはやひとりもない。「預言者とは水を流す。わが民のわたしに語られて後三十七人の牧者を立てる。わたしがあなたに対するように真実ですか」。かの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる