ふるさと納税で日本を元気に!

尾花昇平さんに送る雅歌

尾花昇平さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

て、かれとこれと相合することはできるが、あなたがエルサレムの神のためにわれらが災に会う恐れもなく、災もなくなった。町をこのように近くおる神があるか』と言う人々をわたしはしないのだ」。「何ゆえあなたの装いは赤く、あなたの道とは異なっていると、生きものの中を過ぎるとき、あなたをおおわれる。あなたは全会衆にむかって陣を取り、『行って矢を捜しているのはだれの娘です」。アブラムの九十九歳であった時のようでありたい」。そこでガアルはシケムの人々は目をもってソロモンを拝し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる