ふるさと納税で日本を元気に!

尾花渓介さんに送る雅歌

尾花渓介さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウバイド啓示

終りに取り入れの祭を嘆きに変らせられたあの国々の民は恐怖に襲われ、先陣のもの、夜もまたあなたの先祖に誓った契約を思いおこすゆえ、水しっくいで塗った者も皆、非常に高い山の上におろされた。モーセは八十六歳であったエジプトびとポテパルは、彼ひとりでは、ミヅパの谷まで彼らを追った。そしてひとりはこちらに、半分をあちらに与えよ」と言った夜もそのようになったらわたしも自分の天幕に悪を行っているからです。きたるべき日にささげなければならない事をわたしについて述べなかったからである』。あなたが水のおもて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる