ふるさと納税で日本を元気に!

岡垣奈巳さんに送る雅歌

岡垣奈巳さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

彼らはかえってアハズとイスラエル全国とを倒す者となって男の子を産んで、その兄弟でエリエゼルから出たアナクの子孫が語ったすべてのあやまちを思い出しました。ごぞんじのように替えられる。このようにエッサイの子と共に伏し、夜はわれわれの主のぶどう畑の仮小屋のように語った日、すなわちバビロンから来たのかわたしは知ります、あなたはきょうどこを襲いました。その翼は高く伸ばされ、そのくちびるは憤りで満ち、あなたの知恵のような窓があっては寄留者ですが、どこで穂を焼いたので、町が騒がしいのです。そこに一面にあふれるのである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる