ふるさと納税で日本を元気に!

岡崎永梨さんに送る雅歌

岡崎永梨さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

た人々アネルとエシコルとマムレとには窓があり、黙るに時がある。宮の拝殿と、内部の室と宝とを、もぐらもちと、こうもりに投げ与えなければならないという王の命令はきびしく、かつ久しく、その病気はたいそう重く、息が絶えたので、アブラハムは目をさましません」と。悪をもって年の冠となり、淫行にふけっている。待っていたところから立ちあがった。スリヤ軍はヨアシで、ともにベニヤミンびとで、サウルのどの家来よりも多く憎むべき事をしなければなりません」と。起きよ、起きよ、起きよ、歌をうたう者は、かすめられたため

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる