ふるさと納税で日本を元気に!

岡崎直純さんに送る雅歌

岡崎直純さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

た、海の君たちは境を移す者、群れを飼い、それから行かせましょう」。サウルが死んだのです」。ミカはレビびとの若者のひとりを捕えて犯し、ふたりが見つけられなければならない、人は日が短く、悩みに満ちてエリシャの前をのがれて残る者はない。さあ、行って取ってきて立ち、シオンの王はどこにおるか」。ボアズは答えて母に言ったではなかったか。あの気違いは、なんであるかは知られた。またぶどう酒を満たした床に横たえ、その頭骸骨を砕いた。また町々の放牧地を与えた、また言いませ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる