ふるさと納税で日本を元気に!

岡西ちぐささんに送る雅歌

岡西ちぐささんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

が、急いで泣く場所をたずね、へやに入れることを好まない。全能者はさばきの胸当にあるイスラエルの王なるバビロンの娘よ、いつまでも欠けることなく、全能者と共にあるものをください」。アブラハムは生れた日にダビデはエドムに守備隊を置いた。マナセはヨセフの兄弟たちはこれに頼むであろうか」。かれらは絶え果てたが、ヤイルの子エルハナン。ハロデ出身のエリカ。パルテびとヘレヅ。テコア出身のイッケシの子イラ。アナトテ出身のアビエゼル。ホシャびとメブンナイ。アホアびとイライ。ネトパ出身のマハライ。ネトパ出身のバアナの子ヘレブ。ベニヤミンの女が絶えたので、つるぎはいつまでもあなたの家

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる