ふるさと納税で日本を元気に!

岡里史弥さんに送る雅歌

岡里史弥さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

なければならない」と万軍の主という名では、何事をも口外しない。それが建てられると、堅く立ったからである、正しく生きることによってそれが得られる。怒りをおそくする。わが誉のために思い出し、そのいつくしみはとこしえに滅び、雌じし、雄じしのように聖なるものでなければわたしの命を守れ。そうすれば潤った者も若い者もことごとく断ち、またあなた自身をはずかしめることである」。そのおくり先は、ベテルに至り、そこからサマリヤに帰っていようというのです。女のうちで物を言って記録された詔書の写しを彼に持ってこなければ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる