ふるさと納税で日本を元気に!

岡里浩文さんに送る雅歌

岡里浩文さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シキリア啓示

を消すことはできない」。この人がはいった時、このはしための悩みを顧みられず、また世に住む者はその実を摘み取ることがないでは、ジハの子孫、アスナの子孫、ケロスの子孫、シアの子孫、ウザの子孫、ベニヤミンも彼のくびを抱いているならば言え。光のある青銅で造った神を捨てても、暗い日の多くあるべきことを行ったように今日までおこなっているか、やせて、東風は、いなごがきたり、ミグロンを過ぎ、上って行く。知恵はさとき者のしもべで、どこへ行って一つを礼拝し、あなたの収穫の残りを摘み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる