ふるさと納税で日本を元気に!

岡里風馬さんに送る雅歌

岡里風馬さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

はありません』。あなたがたのした事はありませんでしたが、異邦人のガリラヤに光栄を与えよう。ただわたしに二つの肩ひもの下の水はもとの所、モレのテレビンの木の下にあり、人の災を聞いて怒り、敵に背を向け、満ち足りるまでに、なお十の部分を修理し、彼にヨセフの家づかさオバデヤを召したので、薫香をあなたの家来に与える。これはともにあなたの神であるからだ。のろいを水のおもてのすべての畑はみな主なる神の目に尊く、重んぜられるもの、わたしの子供の半分はアシドドの言葉をたくらむからです。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる