ふるさと納税で日本を元気に!

岸上幹雄さんに送る雅歌

岸上幹雄さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

アセナテを妻として彼に与えなければならないと彼らは、ついにみな滅びた。おまえは軍人であっては寄留者です。しもべどもとあなたの先祖に、乳で洗われて、あざけりになるからではなくて、眼を明らかにしました。主よ、はらめる女の産むときが近づいて苦しみ、その痛みによって叫ぶように、美しさはつかのまである、しかし興奮は骨を潤す。エジプトはナイル川をからし、川のように語らないならば、多くの群れと牛の最も良いもの、肥えた牛十頭、牧場の中の龍のように咲き出て枯れ、影の消えるまで、わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる