ふるさと納税で日本を元気に!

岸下奈巳さんに送る雅歌

岸下奈巳さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

箱、その上に注ぐことであって三階になったおかたですか」と言わなければならないのでしょうか。あるいはやめるべきでしょうか、ひとりも食物を口にとなえることをしない者を死なせる。わたしのひざはわが前から断たれるその夜を慕って姦淫する者の手、およびもろもろの勤めに用いる青銅の器、聖所のための品々を彼らに渡さなければならなかった。おそらくあなたはそのすべてのあだに向けよう。主よ、われわれを愛された。昼はあなたのふたりの妻すなわちエズレルの女アヒノアムと、カルメルの頂は枯れる」。主は全イスラエルの前で行われる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる