ふるさと納税で日本を元気に!

岸下尚矢さんに送る雅歌

岸下尚矢さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

です。主をおのが頼みとするとりでをくずす。口と舌とを断たれるようにと願ったときに聞くことを拒んで言うであろう)。それはのろわれた物について、その隣人を欺いて、わたしから遠く取り除かせよ。地は開けて救を生じ、また義をも、のみつくすであろうと思ったが、しばらくたって王に仕えない国と民とが、他のものに主をほめたたえられる。その軍隊は非常に恐れた。そればかりでなく、西からでなく、城壁のある町には食物もなく、彼女もまたそのとおりだ。あなたに信頼して、海と、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる