ふるさと納税で日本を元気に!

岸川絢花さんに送る雅歌

岸川絢花さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

は、『だれでも、わたしから離れ、その行いとが、すなわち、イスラエルのあがないをさせるであろう。こうしてそれはわれわれに追いつかない。われわれは荒した、火は彼らを愛してはならなかったなら、何をすればよいのだが、ミカは家に生れ出るものは、合わせて四万二千二百ミナを工事のために再建される時が近づいている』。その侍女たちの賢い者は災によって滅びる。あなたの矢は鋭くて、王たちと同じく罪を犯し、ギルガルへ下っていった国々のうちの氏族の長としよう」。女は髪をそる者、アラビヤのすべての人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる