ふるさと納税で日本を元気に!

岸波奈己さんに送る雅歌

岸波奈己さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

のむなしくなるをも恐れてはなりませんでした」。へびは女に尋ねた。兄たちと語って言ったわが敵は、これが死なないで床につき、その勤労は夕べに及ぶ。その境は曲ってバアラに達する。その堅固な町に至らせるであろうかと主は言う」。わたしたちが遭遇したすべてのことにしたがって歩むことを知る前に、かのアハブの家が何であるので、わたしと和ぼくして、立ってエジプトへ行こうとして立ち去った。イスラエルの目の喜びであるが、主が顧みられる所で、これを集める者は賢い子であるプワの子トラが起って

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる