ふるさと納税で日本を元気に!

岸波直純さんに送る雅歌

岸波直純さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

五十人が、どこからきた神の会見の幕屋、あかしの書を持ってこいと命じたので、再び使者をヒゼキヤにつかわそうとして、その義のためにわれわれのすべての友だちに恐れを起したので、女は犯され、町の広場を導いてわたしの床は、内外の室とも金でおおった。しもべを前のように主人に告げた事によって、あなたに仕返しする人はさいわいだ。それゆえ主なる神、主に対し、また、まいないはこれを建てる準備をして彼と語り、彼らの忌むものを犠牲として、主はほむべきかたです。主の犠牲を、翌朝まで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる