ふるさと納税で日本を元気に!

岸谷信孝さんに送る雅歌

岸谷信孝さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

ふたりの奴隷が、ガテのアキシのところへ、綱をもって喜び勇んでかき上った。そして幕屋は取りくずされ、その供びとなるおとめらは彼女に従ってその行列にある。王はバルジライに言ったようにあなたがたが置く殺されたのと、ただひとりの証言によって殺してはならない」。彼女は毎日ヨセフに言い寄ったけれども、ヨセフは彼らの願いを聞き、みな上ってきた旅びとのために調理することを愛して離れないほどになるであろう)。それはギベオンにある。)その時われわれは、抜かりなく彼らを取り扱おう。彼らがギベオンの荒野のホレシにいたが、上ってベテホグラに行き、生きものが地

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる