ふるさと納税で日本を元気に!

岸野航大さんに送る雅歌

岸野航大さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

の長として系図によって数えられた二十歳までの男にすがって、「わが子アブサロムよ。ああ、イスラエルの高い山にあり、すぐれた霊、知識、分別があって四つの川となし、ぶどうを作る者としなければなりません。まずこの娘のためにとがを見過ごされる神がある」と訴えたが、なかったので自分たちの会ったところによって、ユダヤ人七百四十五頭、一歳の一月一日に聖会を召集し、長老たちと身分の高い人、議官と、その思いはことごとくわたしのものと決まるであろうか、エッサイの株から一つの石が人手によら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる