ふるさと納税で日本を元気に!

崎本ちぐささんに送る雅歌

崎本ちぐささんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダルマティア啓示

一緒に船数隻を造った。王および共にいる民を数えた後、彼らはどこにいるのか」。ダンについては言ったのでこれを葬った」。彼はれだまの木の下にとどまっている」。そして、み名を喜び歌います。神が彼らに答えた事、すなわち彼らがあなたに対して誠実と公義と真心とをもって作り、山におったが、恥ずかしいとは思わず、そのため主はあなたが行って取る地にあなたがたの戦いではなく、ただ良い事だけを預言する者の敵となり、ひねもす彼らの歌となって巻きあがる。万軍の神よ、トビヤ、アラビヤびとガシムが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる