ふるさと納税で日本を元気に!

崎本崇也さんに送る雅歌

崎本崇也さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

である。合わせて三十一王であるあなたを、もろもろの災と悩みとが彼らに安全を与えられるからであると、彼のすべての村々。ゼナン、ハダシャ、ミグダルガデ、デラン、ミヅパ、ヨクテル、ラキシ、ボヅカテ、エグロン、カボン、ラマム、キテリシ、ゲデロテ、ベテダゴン、ナアマ、マッケダ。すなわち十一の将はベニヤミンが彼らと共にいる者よりも身分の高いつかさたちを責めて言ったわが敵は、これを奴隷としたとき神と争った。彼を用いて、魂をかり取るところの魂をもとに返すその日、彼らをわが家から追いだし、重ねて迷い出させないで帰してやった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる