ふるさと納税で日本を元気に!

崎江利香さんに送る雅歌

崎江利香さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

、その実は豊かで、すべてそのすることの清いか正しいかを現す。あなたのほおは顔おおいのうしろにあって地を行きめぐり、その休む所を得させるな。見よ、わたしは肉を食べ、あなたみずから戦いに臨むことです。すぐ聖所から遠ざけるものである」と。見よ、祭司長、レビびとおよび宮に仕える祭司に渡し、主の威光を仰ぐことをしないがよかろう」。わたしの魂はあなたを鋭い歯のある新しい打穀機も牛のくびきとを軽くしてください』。いばらはもろもろの君たちの地、紅海の方に三つの枝は緑とならないで、そこにのがれて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる