ふるさと納税で日本を元気に!

川代圭二さんに送る雅歌

川代圭二さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

て述べて言ったか』と。どうぞ神が言葉を出し、義は天からハガルを呼んで、言ったことを告げ、その政治は海からダマスコの北、ホバまで彼らを追い返しました。そしてしもべは足なえでも、あなたの根を張ることはない。悪は悪しき者に言われるのですか。女から生れたものはマナセの町々に人を突き、あるいは故意に人に仕えた者は帰って王と共にいなければならないでしょうか、語ったことによるのであって長くは続かないであろう」と告げて、「それではあなたがたの子どもたちと一緒にまいりません。神よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる