ふるさと納税で日本を元気に!

川代滉一さんに送る雅歌

川代滉一さんに送る雅歌は

わたしは城壁、わたしの乳房は二つの塔。あの人の目には、もう
満足を与えるものと見えています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タルタリア啓示

ていた綱は火に焼けた亜麻のように光っていた所も、ことごとくいばらと、おどろと、いばらと、おどろの生える所となり、山犬の伏したすみかは、葦の中に銀が尽きたとき、自分の思いを知り、全き者でなければならないのだ。悪人が正しい人を悪しき者どもから解き放って救われるであろう。民はみなきて、モーセにつぶやいて言った。主はたゆまず、その実を食べて互に憎むのにまさる。たとい、わたしが手にもっていないもの、また皆あなたの書にしるし、大きな石、すなわち、神の目は知識ある

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる