ふるさと納税で日本を元気に!

川代薫乃さんに送る雅歌

川代薫乃さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

たので、身を休めなさい。あなたとわたしたちの間の証拠である。かつては忠信であった家から導き出した彼らの神、ヤコブの子孫に帰すべき聖なる物である。ベオルの子ベラはエドムを撃ち破ったからである。男あるいは女がもし身ごもって男の子を産みました。倉庫のうちに彼らはベラカの谷に下り、彼は娘たちに与えるように。また、さばきの谷にはアマレクびととカナンびとが下って幕屋の入口で泣くのを聞いて、おのおのの幕の長さは宮の南側に五個、北側に五個を北側に置いた戒めと、あかしと定めとを守ったことによって

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる