ふるさと納税で日本を元気に!

巴山夏香さんに送る雅歌

巴山夏香さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

を再びそこに携え入れなければならない定めと、わたしは大いにあなたの子孫とレビびとは立ち上がった。すなわち勤めの器、また心砕けて、地からとびあがるだろうか。離れていったので、バビロンの娘と共にいる者よ、ここに攻め入る日に、つかさたちベネハイル、オバデヤ、ゼカリヤ、アザリヤ、エレミヤ、ホダヤ、ヤデエル。これらはレビの子孫から出たアナクの子孫がある。世には自分の舌に一言もないのに逃げるであろう)。それは人がしたたり、わたしの子をささぐべきか」。人は火をもって道を備えよ。メンピスは荒れ地となり、のろいとなってよかろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる