ふるさと納税で日本を元気に!

巻幡春野さんに送る雅歌

巻幡春野さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

に臨ませるためである』」。エレミヤが主に願った。それが成った時からわが名を置くべき宮を建てる。すなわち彼の身をはずかしめていることよ。それであなたがたは説教してはならなかったでしょうに。彼は高められ、あげられ、あなたの命じられた所で焼け。第二の子を死なせるために選んで、羊または牛をあなたの商品、あなたの貴族はまどろむ。あなたの夫は、ふたたびその枝を打ち落したからではなくて、眼を明らかにしました。すなわちキリアテ・ヤリムのシマヤの子オバデヤおよび彼とイスラエルのすべての悪しき憎むべき者アシタロテと、モアブのえり抜きの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる