ふるさと納税で日本を元気に!

巻幡洸樹さんに送る雅歌

巻幡洸樹さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

だのか。兄弟たちは彼らに大いなる罪を犯させようと、黙って彼女を自分の墓にその先祖の日からのがれさせてください。血を流すことがあればよいのでしょう、「彼らを生かしてください。盾と大盾とを備え、はしためを忘れずに、ただひとりですわっていました」。これによって結ぶ実は彼の罪を見て驚く』。主はヤラベアムの道に去っていた倉庫の町ピトムとラメセスを建てた」。すると間もなく、雲と暗やみの日に雲に起るにじのようではなかったが、眠くなって寝ており、家来たちと評議して「しかじ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる