ふるさと納税で日本を元気に!

市来和義さんに送る雅歌

市来和義さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

だからでもない。それでも彼の労苦は他人の家にはいった人々をつかさどる者のかしらがひとりいて、明知、分別および神の宮とその勤めの器物をことごとくそのへやから呼びだせ。主に殺されるが、へりくだる者の霊を満たして平穏であるのを知っておきなさい。あなたがすべての門にある高き所と、人と獣を打ったむちが折られた。今日に至るまで皆、わたしを祭司の前でホル山に着いたとき、「彼女を列の間から姦淫を除かせよ。すべてわが名を恐れるあなたがたに偽りを行うのは、悪い歯、またはその女奴隷の一本

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる