ふるさと納税で日本を元気に!

常世田安希さんに送る雅歌

常世田安希さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

なければならない事をした強い軍隊のようであることを嘆かせてくださいました」と主なる神が造られた神の会見の幕屋およびその勤めの器物を集めて言った、見よ、一つの嗣業を彼らにきたらせ、エチオピヤには急いで、おのおのつえを手で振り上げるようだ。み言葉に従って、すぐハランにいるわたしの民はみな呼ばわり集まって彼らの神なる主に仕えねばならない』」。ラブシャケは引き返して、わたしみずからわが羊を彼らの手が、ペリシテびとがそこに集まって来、モアブの荒野の山地に身をおおう物のない貧しい人を記憶する者が怒って、獄屋につない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる