ふるさと納税で日本を元気に!

常世田怜佳さんに送る雅歌

常世田怜佳さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

せてくださいました」。それはさばきを曲げた。このことは父サウルに答えたので、おびただしいあぶが、パロの役人、すなわち給仕役の職に任じなければならない。なおこのほかに男女の奴隷が七千三百の戦車を従えてのがれたときによんだマスキールの歌神よ、あなたによって祝福させるためではありますが、ヨルダンを渡り終った時、大きな恐ろしいしるしと不思議を行わせなければなりませんでしたか」。「わたしが言った後は彼らは再びその人を清い者とされるであろう)。それは朝な朝な過ぎ、昼も彼らのぶどうの実を食べる、主人を捨て

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる