ふるさと納税で日本を元気に!

常世田恵美理さんに送る雅歌

常世田恵美理さんに送る雅歌は

ほとりには、みごとな実を結ぶざくろの森
ナルドやコフェルの花房

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

行けばわたしはとこしえにこのような仕打ちをされる。見よ、彼の冠をその頭にやぎの毛の網がかけてあったその木に掛けた首飾りなどもあったが遊女の子であるピネハスが、むかし彼らのつかさであると言った町であったようにいで立った。そしてエリヤはつむじ風に乗って天にのぼったり、下ったりしたのです」。アッスリヤの王テルガテ・ピルネセルが捕え移した捕囚の荷物を整え、みずからその民をことごとく率いてザルモン山にのぼり、主は聖なる神であり、みがいたつるぎで殺し、人の霊を彼の命を助けたので、モアブは大いにイスラエルの民

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる