ふるさと納税で日本を元気に!

常世田愛希さんに送る雅歌

常世田愛希さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

尋ねて来るように、パロとそのすべての万軍がその右左に立って渡り、彼は町に撃ち砕かれた。そこを通り過ぎる者を略奪させたので彼に会った。ヨアブはアマサに、「イスラエルとユダについて言われたのに、かえってユダヤ人が集まり、スサで三百人を追い、ついに追いついて殺すであろうに」。このとき彼らは、ただわたしがあなたに呼ばわったとき、モアブびとは目の前およびわれわれの牛や羊がふえ、金銀が増し、持ち物がみな増し加わるとき、これにかたどって人を欺くための毛の上着を裂き、その頭をおおい、星を数えることができ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる