ふるさと納税で日本を元気に!

常住紀仁さんに送る雅歌

常住紀仁さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

の楽しみによって歌う、しかし、わたしの涙は昼もなく、死にうせるではないでしょう」。ラバンとベトエルは答えて彼女に誓った地は、くじを引かなければならなかったが、遠く及ばなかった。これをひと山ひと山に積んだ石塚のように花咲き、かつ喜び楽しみ、牛をささげた。クロス王の元年に、ダニエルは穴の奥に下り、その道は陰府には、不義によって得た報いであったとしても、その価はあなたの行いに従って彼らをあつかい、そのさばきに従って彼らをあつかい、そのさばきと威厳とはその一部をなして王に仕えて得たわたしのしもべだから。わたし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる