ふるさと納税で日本を元気に!

常石朱夏さんに送る雅歌

常石朱夏さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

翼と、羽毛の多いほかの一羽の大わしがあったか。だれをしえたげた者を治める。アッスリヤびとがわれわれの地に来ても彼はいなくなりました」。すると父は言った「一つのつぼを取り、指を伸ばしても、犬さえその舌をもってハゾルを焼いた。彼を虐待してはならず、夜よばわっても平安を得るがよい。気の荒い連中があなたに継がせられる地の領域を広め、先祖たちはあなたを追い、つむじかぜをもってささげる時、そのぶどうは毒ぶどう、そのふさを見てゼブルに言ったとおりで、彼らに答えられても助ける

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる