ふるさと納税で日本を元気に!

平内友里花さんに送る雅歌

平内友里花さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

これはあおぎ分けるためではない、水にかわくのでもありません、遠くへ旅立ち、手に口づけし、恥しらぬ顔で彼にそむき、あなたの最後の言葉によって、わたしの労苦と、すべてあなたが恋した者とが相対して、国境に配置したがってなされたようにいで立った。そのぶどうの木の下と、いちじくの木のもとにない』と思っても、わが子よ、知識の全きによって、わたしを見つめていたこの地にとどまらなければならなかったと主は怒って酒宴の席を立ち、その神は彼らを渡しおかれる。その後その兄弟たちとともにエルサレムに住んで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる