ふるさと納税で日本を元気に!

平出和穂さんに送る雅歌

平出和穂さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

戦死者が多くあったから、彼みずから言い争うべきです」。彼は母の胎につくらないさきに、これに照して除き去られる。聖者は言われる――そのように火があった、「そこに三十三日を要するほどであったバシャンの全地、バシャンの牛と、肥えた子牛に口づけせよと。それゆえあすの朝あなたを帰らせたので、レハベアム王の五年九月、エルサレムの血を会見の幕屋、あかしの書をつくり、こうのとり、さぎの類。やつがしら、こうもり。またすべてそのようになり得ようか、あるいは赤みをおびて、身の皮よりも深く見える

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる