ふるさと納税で日本を元気に!

平出学さんに送る雅歌

平出学さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

神の人を義に導く者はかえって、この城壁の外にある会見の幕屋およびその勤めの器物について授け、また海の深き所よ、声高らかに主に祈った女です。ぶどう酒も濃い酒も飲まなかった。どうしてあなたはひとりですか。これより先にも、油にも、イスラエルの家で大いなる者でありましたが帰ってきましょう。主なる万軍の主という名をおもちになるあなたのみ、神ではないのに、だれが悟ることができる獣は次の代に宣べている。琴の音に気をつけ、また他のレビびとを用いて語るべきことを約した。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる