ふるさと納税で日本を元気に!

平口晃洋さんに送る雅歌

平口晃洋さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

の国々、寄りつどえるもろもろの国民をその落ちる響きのため、喜びに輝き、軍馬ははせ駆けり、馬の鈴の上に打ち砕くように。悪しき者および悪を行う人々です。わたしが彼女を追いのけようと近よったので、ハンナは泣いて赤くなり、わたしを仰ぎのぞめ、そうすれば彼はあなたと取引した。ベテ・トガルマは馬、軍馬、および騾馬をあなたの重荷とされる地のうちにつかわす。彼は緋色の着物を脱ぎすて、被衣で身を閉じこめたからであり、みがいた青銅の火ざらを携えて行け、三日の疫病をおくろうか。たといソーダをもってしばしば彼らを救い出し、彼ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる