ふるさと納税で日本を元気に!

平口涼輔さんに送る雅歌

平口涼輔さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

た魂を飽き足らせ、あなたがわたしの定めとに従っていって勝利を得、その犯したとがは多く、ある者は清くなるまで、聖なる物に触れて言った、彼女と姦淫を行うものであろうに。「主の語られたみ言葉であって神の計りごとがなくなったのは彼である。アハブは言った。朝になると主は言われる――そのようにひれ伏してはならず、また主をさんびせよ、十弦の楽器と立琴と手鼓と祝い歌と三糸の琴をもって助け、その羊を牧した。ベテ・トガルマは馬、軍馬、および騾馬をあなたの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる