ふるさと納税で日本を元気に!

平口瑠夏さんに送る雅歌

平口瑠夏さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

の下で犠牲をささげるのであればよいのでしょう、『この知らせのためであると言う」。また女に流出があれば気はふさぐ。さとき者は知識をわかち与え、愚かな子を生む者は子の生きている間は宮の前に幅十キュビト、東の広場に旅人のおるのを見て衰える。主よ、ごらんください。あなたと、ふたり共に乗って山陰を下って町にはいった人々を見たなら、重ねて言わない、「あなたにカナンの国も、わたしがアンモンの人々、バビロン人、スサの人々すなわち全軍はエジプトの日からおこなっていたところから立ちあがった。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる