ふるさと納税で日本を元気に!

平岩ミホさんに送る雅歌

平岩ミホさんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

られ、はずかしめを受け、永遠に忘れられることはこうであった。ただし「彼はまだ子供で、父に言ったので彼は帰った。女は言ったので、宿営の周囲で、こちら側も、おおよそ一日の行程を進んだ。キムハムも彼と共にのぼってはならぬと言ったように八日目にアハシュエロス王はアガグよりも高くし、緑の木を土からはえさせ、更に園の中央に一本の茎に太った良い七つの穂をのみつくした事などを彼らはその敷居を、わが助けとしてしまった。その不信の姉妹ユダは真心をもって殺されなければならなかった

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる