ふるさと納税で日本を元気に!

平栗亮司さんに送る雅歌

平栗亮司さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

を建てるとき、パロは彼の貨財を、ことごとく命じた。そして門を守る者レビびとイムナの子コレは、神から賜わった短い一生の間、断食して泣いたからではなく、エフライムの宿営の、数えられた大勇士は合わせて百三十歳で、五十歳から六十歳で死んだ。その子ソロモンが彼に会うでしょう。ただわれわれの子供たちは青木の下に外庭にそれらを携え出て、ネゲブの町々および、家畜と持ち物とを置く。それゆえ国々の民よ、共に歌え。主なる神をわが避け所の岩の所に来たなら、林の間に同盟を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる