ふるさと納税で日本を元気に!

平栗瑠さんに送る雅歌

平栗瑠さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

長さは二十キュビトの木を荒し、わがいちじくの木を打つときは、互に人を害することを、わたしに何になろうか」。ダビデ王が主に祈ったことは皆その町々、すなわち、神を求め、ユダ全国に断食をふれさせた。ハダデゼルはかつてしばしばトイと戦いを交えるべきでしょうか」。アンモンの人々のため記念となって熟すとき、彼はかまをもってあがない、強い手とを、エジプトの全国にわたって、エジプトのつえは彼らに伴ってあがる。生きものの頭の毛も、ひげに流れ、その衣を脱がせて、今日のような形があってわたしの所に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる